みなさん、こんばんは。

2月は物販の仕事に注力していたため、当サイトの更新をお休みしていました。

いろいろ新しいことも始めたので、進捗なども随時アップしていきたいと思います。

さて今回は、Yahoo!JAPANの検索サービスがSSL(AOSSL)に対応したというお話です。

最近、ブログのアクセス解析を見てみると、

「not provided」

と表示され、流入元の検索ワードが表示されなくなったと感じていませんか?

つまり、自分のサイトやブログがどんなキーワードによって集客できているのかが、

アクセス解析を見てもわからなくなってしまったという事なのです。

 

今までであれば、どんなキーワードでどの記事がYahoo!の検索で上位表示され、

アクセスを集めているのかが分かる状態でした。

 

ところが、今現在は、

どんなキーワードでアクセスが来ているのか?

という事が全く分からない状態となっています。

 

今までは、どんなキーワードでアクセスしてきたのかが分かったので、

そのワードに合わせて記事を書きなおしたりすることも難しくなってしまいました。

 

なぜ、検索ワードが表示されなくなったのかというと、

SSL(AOSSL)に対応させたからなんですね。

これによって、今までのHTTPサイトなどから、リンク元のページ情報の受け渡しが出来なくなってしまったわけなんです。

SSLっていったい何?って感じなのですが、

GoogleやYahoo!は、安全で信頼できるサイトを表示させることを今後は支持していくようなんです。

 

例えば、通常のサイトのURLは、「http://www.xxxxx.com」となっているのですが、

これを今後は

「https://」

に変えて行って安全を謳うサイトに変えていく事を推奨しています。

 

自分のサイトをSSL化することで、今までのように検索ワードが表示されるようになるはずなのですが、

SSL化しても表示されないという話も聞こえてきています。

 

実際どうなのかを今後検証してみたいと思っています。