最近何かと話題になっているキュレーションサイトですが、

こういったWELQ等のまとめサイトはどれだけの収益を上げていたのかご存知でしょうか?

WELQなどは個人が運営しているサイトではなく、いかにも信頼が高そうなメディアサイトのように装い、実際にはアフィリエイトで収益を上げるまとめサイトなのです。

まあ、言ってみれば、

デリケートなお悩みに関する記事を書いて集客し、関連商品をアフィリエイトして収益を上げるビジネスモデルとなっているのです。

例えば、

検索で上位表示されそうなキーワードを調査して、圧倒的なボリュームの記事をアップします。

噂では1記事で約8000文字のボリュームを持った記事を1日に100記事以上アップしていたらしいです。

個人のアフィリエイターやちょっとしたアフィリエイト会社では対抗できるものではありません。

Googleを騙して検索上位に表示させるために、様々なキーワードを使って記事を量産していたのです。

もちろん、一般的にアフィリエイターはこのような手段で検索上位表示を行っている場合が多いです。

悩み系は収益につながりやすい

これはアフィリエイターならだれでも知っていることです。

今回の問題は、

このような手段を大手の有名な会社が組織的にやっていたという事。

しかも、他のサイトやブログから信頼性がないにもかかわらず転用し、あたかも正しい情報かのように装っていた事。

中には誰が聞いても「おかしい!」というような情報もあったとか。

また、某病院の院長先生の記事もコピペされ、さらに先生が書いていないような偽情報を付け加え、

あたかも先生が書いていたかのようにしていたなど、

とんでもない状態だったそうです。

この事件からわかったことは、

こんなサイトがGoogleの検索で上位表示されていたという事。

つまり、記事量産式のSEO対策が効果的であったという事実です。

昔のSEO対策といえば、ぺらサイトを量産することが効果的でしたが、

今回のWELQの量産式はペラサイトではなく、1記事に8000文字の記事を量産する方法でした。

これはGoogleの盲点を突いた方法だったのかもしれませんね。

Googleは現時点では記事内容の正しさまでは見分けられないと公言しているし、

Googleのエンジニアは検索順位と記事の信頼性を数式で表現できるように研究しているそうです。

ここまで大きな事件となってしまった以上、Googleは何らかの対応をしてくるものと思われます。

来年には新たなSEO対策が必要になってくるかもしれません。