先日発売された写真週刊誌「フライデー」に驚愕の事実が掲載されました。

まずはこれまで報じられたこの事件の概要を振り返ってみたいと思います。

 

この事件は、撮影の為に訪れていた前橋市でスタッフと共にビジネスホテルに宿泊していた高畑裕太が、

従業員の女性スタッフに目を付けたのが発端と言われています。

宿泊した夜中の2時過ぎに、電話で「部屋に歯ブラシを持ってきてほしい」と被害女性を呼び出し、

部屋に訪れた被害女性を無理やり部屋の中に連れ込み、行為に及んだ、というものです。

そして被害女性は知人のA氏に相談したため、A氏が警察に通報した為、事件が明るみになった。・・・

 

事件が進展し、出てきた疑問が次の3つです。

1.なぜ、行為に至った後、部屋で熟睡できたのか?

2.隣室に映画スタッフが宿泊していたにもかかわらず、女性を無理やり部屋に連れ込んだのか?

3.なぜ、強姦致傷容疑で逮捕されたにもかかわらず、不起訴となったのか?

 

フライデーによると、次の新事実が掲載されています。

・裕太の調書には、「歯ブラシ」に関する記述はなかった。

・被害女性は、裕太とエレベーターに同乗して部屋に向かっていた。

・通報及び示談交渉を仕切ったA氏は暴力団関係者だった。

事件の真相とは?

これらの疑問と新事実から推測すると、

高畑裕太ははめられた!

という事です。

この事件は、

示談金目的のハニートラップ、つまり、美人局に引っかかった可能性があるのです。

推測される事実は、このようになります。

高畑裕太という有名人が自分の勤務するホテルに宿泊することを知り、知人のA氏に連絡をする。

A氏は有名人なら大金が取れると考え、ハニートラップを画策する。

被害女性はA氏の指示通り、高畑裕太を言葉巧みに誘い部屋に同行して行為に至る。

そして、示談金として金をせしめる。

こんなストーリーが浮かび上がってきます。

 

被害女性が提出した診断書も、あまりにも早く事前に準備しておいたのではないかとも言われています。

つまり、偽造もしくは虚偽記載であったため、強姦致傷罪で立件できなかったのではないか、という事です。

 

こういった事件は私たち一般人には関係ない、と思っているあなた、

そんなの事はないのです!

例えば、出会い系アプリで知り合った女の子とホテルに行ったら、恐ーいお兄さんが出てきて金を巻き上げられる、という事件もよく聞く話ですし、痴漢冤罪も我々サラリーマンには怖い話です。

 

突然降りかかり、職を失い、収入もなくなるのですから。

こんな時の為に、他に収入源を確保しておく必要があります。

リストラや定年以外にも、こういった不測の事態が起こっても大丈夫なように、会社の給与以外の収入源を確保しておく。

これが今のサラリーマンには必要な事なんですね。

 

不労所得を簡単に得る方法とは?

それはパートやバイトではなく、ネットビジネスをするんです!

資産構築型サイトをつくって、安定した不労所得が得られるようにする。

これが一番ですね。

そこで、富田たかのり氏の「資産構築型アフィリエイト」をおすすめします。

asset

この教材を見ながら作業をすれば、サイトを作ったことのない、初心者のあなたでも資産構築型のサイトを簡単に作ることが出来、不労所得が手に入るようになるのです。

是非、やってみてください!


資産構築型アフィリエイトProgramへの参加はこちらからどうぞ